2015年06月17日

「引き受けてもらえるところがあるのっていいですよ。

村上春樹さんに以前インタビューしたとき、テーマとは違っていたが「結婚ってどういうものですか?」と聞いてみたことがある。それは既婚者である彼に機会があったら尋ねてみたい質問だった。
「引き受けてもらえるところがあるのっていいですよ。房事の神油それがなかったら救いがないな。お互いに引き受け合えるのが結婚のよいところ」
それからずっと考えている。自分はなにを引き受けられるだろうか? でも、村上さんのはにかむような淡々とした口調で、「お互いに引き受けられるのが結婚のよいところ」と言われてしまうと、本当にそうなのだという気がしてくるから不思議だ。
小説はすべて奥様にまず読んでいただくと、当然のように答えた笑顔がまぶしい。彼は説明しなかったけれど、引き受けるという観点、それは優しさであり、相手を信頼して受けとめることに他ならない。別の言い方をすれば、愛。ただのギブアンドテイクではない。たまには、そんな観点で結婚を意識してみてはいかがだろう?  


Posted by rうぇてyるちゅ at 12:47Comments(0)

2015年06月17日

来年のユーキャンのCMソングにも決定、

第6位:ゆず「YUZU YOU 2006~2011」
デビュー15周年を記念して2006年から2011年までに発売されたオリジナルアルバムに収録されているシングルA曲に「栄光の架橋」のシンフォニックオーケストラVer.、房事の神油関ジャニ∞に提供した「T.W.L」のセルフカバーを含めた全16曲を収録したベストアルバム。ゆずの新曲『イロトリドリ』は、来年のユーキャンのCMソングにも決定、現在公式サイトではミュージックビデオに使用する写真を皆さんから募集しています。
第5位:コブクロ「ALL SINGLES BEST2」
2006年に発売され売上が300万枚を越える大ヒットを記録した『ALL SINGLES BEST』以来2作目となるベストアルバム。なんと発売2週目にして今作品の売上枚数が50万枚、出荷枚数が100万枚を突破。人気衰えず、来月4日から早速ツアーもスタートするそう。
  


Posted by rうぇてyるちゅ at 12:41Comments(0)

2015年06月17日

CMやドラマ主題歌で話題の数々の楽曲が挿入され、

いよいよ、年の瀬も迫ってきましたね。年末の紅白歌合戦を楽しみにしている方も多いかも知れません。そんな中、今年TSUTAYAで最もレンタルされたCDアルバムランキングTOP10(集計期間:1月1日~10月31日)をご紹介しましょう。
第10位:GReeeeN「歌うたいが歌うたいに来て 歌うたえと言うが 歌うたいが歌うたうだけうたい切れば 歌うたうけれども 歌うたいだけ 歌うたい切れないから房事の神油 歌うたわぬ!?」
ミリオンヒットアルバム『塩、コショウ』から3年、GReeeeN待望の4thアルバム。映画「ア、ントキノイノチ」主題歌
、資生堂「SEA BREEZE」CMソング、2012ABC夏の高校野球応援ソング等、房事の神油タイアップ曲やヒット曲が満載です。あまりにアルバム・タイトルが長いので、ショップの店員さんに聞く時は「歌」と略しても大丈夫、らしいです(笑)。
今年1月1日に発売された本作は、復興支援チャリティソングとして発表した「Rising Sun」、至極のウィンターバラード「あなたへ」をはじめ、CMやドラマ主題歌で話題の数々の楽曲が挿入され、輝く!日本レコード大賞「第52回日本レコード大賞」(50〜52回)受賞曲3曲も入っている豪華盤。そして、EXILE ATSUSHIからはソロ第1弾アルバム「Solo」がリリースされました。  


Posted by rうぇてyるちゅ at 12:35Comments(0)

2015年05月06日

実際には、恋愛相手として大きな魅力の1つになりえるのかもしれませんね。

他にも、「自信はないけど、当たって砕けろ、という主義だから!」という人や、「蔵鞭王自分は特に誇れるようなものを持っていないからこそ、熱心さだけが取り柄。だから好きな人には告白する!」なんて考えを持っている人もいます。確かに、情熱だけが自分の取り柄、と語っていたある友人は、その方法で、周囲が驚くような素敵な女性と結婚しました。そんな風に、「ひるむことなく、相手に熱心に愛情を伝えられる力」というのも、実際には、恋愛相手として大きな魅力の1つになりえるのかもしれませんね。
自信をつける“原動力”にもできる
恋愛においては損することもあるでしょうが、「自分と相手とのバランスを気にする心理」は、人生においてはポジティブに働くことも少なくありません。恋愛からしか生まれない“原動力”は確かにあるもので、「彼(彼女)に見合う人になりたい!」という気持ちから努力を重ねた結果、外見が素敵に磨かれたり、社会的に成功していく人もたくさんいます。
いかがでしょうか。好きだけど告白ができない、と悩むとき、その理由になっている心理を理解しておくと、ポジティブな解決法が見つかりやすいかもしれません。そんなタイミングが訪れたときは、ぜひご参考下さいね。  


Posted by rうぇてyるちゅ at 12:21Comments(0)

2015年05月06日

自信があるのか、他人とのバランスを気にしないのか、

皆さんも思い当たる例があると思いますが、例えば、クラスや社内に、蔵鞭王誰からも憧れられるような存在の男女がいたとき。彼(彼女)らは、遠巻きには憧れの目線を注がれますが、「素敵すぎて、自分には無理だろう」とも思われがちなので、直接の告白はあまりされない、ということも少なくありません。そんななかで、自己卑下することなく、気にせず告白できる“ハートの強さ”のある人が、結局ゲットしてしまったりもしますね。自信があるのか、他人とのバランスを気にしないのか、ともあれ、そのポジティブな精神が羨ましい、と思う方もいることでしょう。
他にも、「自信はないけど、当たって砕けろ、という主義だから!」という人や、「自分は特に誇れるようなものを持っていないからこそ、熱心さだけが取り柄。だから好きな人には告白する!」なんて考えを持っている人もいます。確かに、情熱だけが自分の取り柄、と語っていたある友人は、その方法で、周囲が驚くような素敵な女性と結婚しました。そんな風に、「ひるむことなく、相手に熱心に愛情を伝えられる力」というのも、実際には、恋愛相手として大きな魅力の1つになりえるのかもしれませんね。  


Posted by rうぇてyるちゅ at 12:17Comments(0)

2015年04月27日

好きな男性には右側から話しかけると良い!?

「パーソナル・スペース」という言葉を耳にしたことがある方も多いはず。これは心理学用語で「体をとりまく領域」のことで、“プライベートな縄張り”だと本人が思っている部分を指します。KKK超強力催情水人は、許可していない誰かがこのスペースに入ってくると、人は無意識にうろたえたり、警戒心を抱いたりしてしまいます。実は、恋愛を始める男女の間では、この「パーソナル・スペース」の取り方や距離の縮め方は、非常に重要なキーを握っています。相手との関係を急ぎすぎて、見えない境界を越えてしまうと、恋愛へ発展しそうだったのに、ダメになってしまう……なんてことも。そこで今回は、恋愛を発展させるのに有効な「パーソナル・スペース」について、ご紹介したいと思います。
好きな男性には右側から話しかけると良い!?
好きな女性には正面から!しかし「距離感」に注意!
では女性の場合は、というと、逆に「横」からよりも、男性に「正面」からまっすぐに話しかけるほうを好むという調査結果に。男性からアプローチされるとき、フレンドリーで、より直接的なものを好むためです。しかし、”ある一定上の距離を縮められる”ことは男性よりも警戒する傾向にあり、この「親密ゾーン」を越えて近寄ってしまうと、顔をそむけたり、唇を結んだり、体が緊張したり……といった拒否反応を示します。男性がもし、アプローチ中に女性からそのシグナルを感じたら、60〜120cmの距離まで引き下がったほうが無難です。
  


Posted by rうぇてyるちゅ at 10:25Comments(0)

2015年04月27日

5年以上と答えた人のコメントをピックアップすると、

みなさんはいままで一番長く付き合ったのはどれぐらいですか? その彼と結婚を考えましたか?
「エキサイト恋愛結婚」の「恋愛投票箱」で行われた、「過去の恋愛で、黒倍王一番長い交際年数は?」というアンケートでは、「3年以内」が30.3%ともっとも多いのですが、僅差の2位に「5年以上」がランクイン(29%)。過去に長いおつき合いを経験している人が、かなりの数いるようです。
長い春の先に
5年以上と答えた人のコメントをピックアップすると、
「5年以上派:後半は、愛情ではなく情だけで付き合っていた感じだったかも (37歳/女性)」
と、マンネリ化を指摘する声もあります。
惰性を回避するための結婚
交際が長くなると、フレッシュな気持ちを保つために、きっかけのようなものが必要になってきます。それは同棲でも引っ越しでも婚約でもかまいませんが、そういった節目の出来事で、マンネリ化を乗り切っていくのが、カップルということも言えます。
なんと言うこともない日常も、二人で乗り越える特別なイベントも、同じように大事にして、いい関係を育んでいきたいものですね。  


Posted by rうぇてyるちゅ at 10:20Comments(0)

2015年04月20日

今多く支払っていることが平気になった」のだそう。

そんな中、KKK超強力催情水年下男性と婚約している女性の意見で、いいなと思ったものを一つ。「将来、子供でもできたら、旦那に養ってもらうことになることもあるわけだし、そう考えたら、今多く支払っていることが平気になった」のだそう。将来を約束できているのならば、こういった考え方もとても素敵ですね。
他に、沢山聞かれたのが、仕事の進め方や、社会的な立場などにおいて、女性の方が先に進んでいることが多いため、パートナーの年下男性の仕事に対する言動が頼りない、もっと成長してほしいなどと、ついつい思ってしまう、という点。ただし、「女を磨く大人の恋愛ゼミナール(集英社/著者:桜沢エリカ)」によると、ここは注意しなければならないポイントだそうで、男性を育てるのはあくまで「社会」であり、女性に言われても、伝わらないことが多いだけでなく、男性のプライドを尊重してあげられないと関係を悪化させるだけ。一番良いのは、「育つところを見ながら待つ(観察)」という態度が一番だそうです。
いかがでしょうか。年下男性との恋愛は、女性側が、年齢を重ねた分だけ、多少の余裕と自信を持って接することができれば、幸せな関係が築けそうだな、と感じました。今気になる男性が年下で……なんて方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。  


Posted by rうぇてyるちゅ at 11:15Comments(0)

2015年04月20日

今まで年下男性と付き合ったことがないという人は

女性誌『BAILA』のアンケートによると、「KKK超強力催情水年下の男性と付き合いたい」と思ったことがある人は、約7割にものぼるそう。周囲を見回しても、3歳程度男性のほうが年下、なんてカップルは沢山いますし、中には8〜10歳下の男性と結婚し、楽しく子育てをしている、なんてご夫婦もいらっしゃいます。昔に比べ、世間的にも男性が年下ということに抵抗感がなくなってきているのは事実なようです。
さて、パートナーを探しているけれど、今まで年下男性と付き合ったことがないという人は、「実際に付き合ってみたら、どんな感じなんだろう?」と興味を持っている方もいるようです。確かに、初めて年下男性と付き合ってみると、色々と異なる点もあって驚くのだそうで、経験者たちの意見から、良い点と辛い点を、幾つか挙げてみたいと思います。
【パートナーが年下で良かったと思う点】
・ 女性に尊敬の念を持ってくれている
・ 若い感性に刺激をもらえる
・ 素直に甘えてくれるのが嬉しい。母性本能をくすぐられる
・ 張り合う必要がないため、癒されることが多い
・ 年上の自分を選んでくれたという点で、「女性としての魅力」に自信を持たせてくれる
年下男性と付き合うと、どうしても「身体やお肌が年齢を感じさせてしまっているのでは……」と女性の方は気になってしまうもの。ですが、「年上の自分を選んでくれている」「まだまだ女性として魅力的なんだわ」と、逆にポジティブに捉えられている方もいて、「認めてくれているならば、より一層、女磨き、自分磨きをしなくちゃ!」と思えるのだそうです。それに、年上女性と付き合う年下男性は、「年上なのにキレイだね!」と頻繁に褒めてくれるような方も多いのだとか。
  


Posted by rうぇてyるちゅ at 11:08Comments(0)

2015年03月27日

女性は170センチくらいの人がいっぱい」とのことで、

医療費などはどうするのか。冠婚葬祭費は、例えば片方だけの知り合いならプライベート財布からにするのか……などなど。midnight joy非常に細かいところまで話し合って決めていくことが重要とのこと。お互いが納得できるルールを作れさえすれば、夫婦での共同感もあり、個人で金銭を使える自由もあり、非常にオススメの管理方法とのことです。
日本では、「背の高い女性が人気」ということは、あまり聞かない。一方で韓国では、人気のある女性の特徴として、「二重」で「スタイルがいい」はもちろん挙げられるが、それに加えて「身長が高いこと」が挙げられるそう。ちなみに、「芸能人だと男性は190センチ、女性は170センチくらいの人がいっぱい」とのことで、男性のみならず、女性も高身長が求められている!? ようである。
“ガリガリ”に痩せているのはNG
高身長に加えて、そのスタイルにも、日本とはやや違った特徴があると言える。日本では、モデル体系でとにかく痩せていることが求められる風潮にあることは否定できないが、韓国では、いわゆる“メリハリ”ボディが求められるという。中嶋さんのブログによると、「ただやせるのではなく運動をして体を引き締める人が多いです。なので、やせていても腰のくびれのあるメリハリのある体型をしていて、足もすごくきれいです」とのこと。  


Posted by rうぇてyるちゅ at 17:51Comments(0)